ケータイ小説 野いちご

【完】お前だけは無理。



昨日、あれから泣き疲れて、何もせずに寝てしまった私。



和君に、言い逃げみたいなこと…しちゃったな…。


今日、会えたら謝ろう。

……それにしても…。


昨日、楓ちゃんと瞳ちゃんは和君のことを知ってるみたいだった。

というより、私以外の5人は元々仲が良いような雰囲気を感じた。



「あの…楓ちゃんと瞳ちゃん…か、じゃなくて、水谷先輩と仲良いの?」



恐る恐る聞いた私に、二人は不思議そうな顔。



「え…?和哉君?」


「まあ…知ってけど…」



何故か言いにくそうに言葉を濁す二人に、私は唾を飲んだ。

< 78/ 470 >