ケータイ小説 野いちご

【完】お前だけは無理。



バタン!!と、大きな音を立ててしまったドア。

私はドアにもたれ掛かりながら、その場にしゃがみ込んだ。



「…っ、ふっ…ぅ…」



ガタが外れた様に、目から止めどなく溢れ出したのは、涙。

誰もいないのに、癖で声を押し殺しながら、ひたすらに泣く。



あのまま和君の前にいたら、何だかとんでもないことを口走ってしまいそうだった。


ねぇ和君。

今すぐ、全部吐き出したい。



ーー寂しい。

辛い。

泣きたい…っ。

< 75/ 470 >