ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

 






【今日は、花火大会に来てまーす♪】

【今、花火なうだよー♪】



本当に、一緒にいるんじゃないでしょうね……


やっぱり、ほぼ同時に届いたミドリと刈谷くんからのメッセージに、流石に疑いで眉間にシワが寄った。



「……蜂谷さん、大丈夫?」


「……へ?」


「疲れちゃった?」



だけど、そんな私の仕草が勘違いをさせたのか、不意に掛けられた声。


思わず顔を上げれば、私を心配そうに覗きこむ高橋くんと目が合って。


慌てて携帯をしまうと、私は「大丈夫だよ!」と両手の平を突き出し笑顔を見せた。


 

< 240/ 465 >