ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

 





「花火大会?」


「そうそう、明後日ね、隣町で毎年やってる花火大会の日なの!」



夏休みに入り、スポーツ祭実行委員の仕事にも慣れてきた頃。


学校で何度か話し掛けられるうちに、白坂さんとも自然と会話が出来るようになっていた。


いつ見たってフワフワしていて女の子らしい白坂さんは、女の私から見ても目の保養。


作業の邪魔にならないように2つに結われた髪の先は、白坂さんが動く度に可愛く踊る。


そして、こんなに可愛い子が側にいて、男子が放っておくわけもなく。


今ではスポーツ祭実行委員の中の何人かが、白坂さんのことを狙っているなんて話も出てるくらいだ。


 

< 201/ 465 >