ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

 


ねぇ、日下部くん。どうして、誰も本当の俺を見てないなんて言ったの?


本当の俺を見てないって、それはどういうことなの?


それなら、本当の日下部くんは……どこにいるの?



「つーか、再開する気あるなら、さっきみたいなミス止めろよ。今度から、ミスする度にペナルティな?」


「えっ!ペナルティ!?……って、何?」


「お前なぁ……ペナルティはペナルティだよ。今度からミスしたら……そうだな、相手の言うこと、何でも聞く」


「そ……それ、リスクが大き過ぎない?ミスしたら、絶望レベルだよ?」


「それは、お前次第だろ」



だけど臆病な私は、抱いた疑問を日下部くんに投げかけることはできなかった。



―――― “ 本当の俺を知ったら、きっと誰も、俺のことを好きだなんて思わない ”



きっとあれは、夏の暑さにあてられた私が聞いた、空耳だったんだろう。


幻聴……だったんだろう。


そんな風に考えてしまったのはきっと……日下部くんのその言葉に、心の奥にしまった思い出を、私も掘り起こしたくはなかったから。



「それにしても……、今日も暑いな」



高校二年生、私達の夏休みは始まったばかり。


日下部くんと教室に広がる、作業という名の海に飛び込む……貴重な、夏休み。


 

< 199/ 465 >