ケータイ小説 野いちご

大好きなきみと、初恋をもう一度。

そばにやってきたのは沙耶。
明るい笑顔で「おはよう!」と言ってきた沙耶に、わたしも挨拶を返した。

そして下駄箱に靴をしまって上履きにはきかえ、廊下を歩く。

「ひゃあー、寒い! 早く暖かい教室に入りたい!」

「だけど暖房きいてると乾燥するよねえ」

「確かに。加湿器いっぱい欲しい」

沙耶はそう言って笑ったあと、わたしの顔を覗くように見てきた。

「そんなことよりさあ、もうすぐクリスマスじゃん? 梶本くんとどうやって過ごすの?」

わたしの胸がどきん、とはねた。

12月、いや、11月の中旬くらいからずっと意識していたもの。

クリスマス。

絢斗くんがはじめての彼氏だし、クリスマスってどうしたらいいのかなって、ちょっと悩んでいた。

もちろん、絢斗くんの予定が大丈夫なら一緒に過ごしたい。

「クリスマスってみんな何してるのかなあ?」

「えー、イルミネーション見に行ったり、プレゼントあげたり……」

「沙耶はクリスマスを彼氏と過ごしたことある?」

「えっ……いや、ははは……ないです」

< 123/ 149 >