ケータイ小説 野いちご

【完】俺の言うこと聞けよ。〜イジワルな彼と秘密の同居〜


朝ごはんはいつも焼き立てのパン。


朝の仕込みを手伝ったあとに牛乳と共に口に放り込んで、お父さんが焼き上げるパンの香りに包まれて家を出る。



「行ってきまーす!」



だけど、学校に行く時間にはひと仕事終えてるから、どうしても授業中は眠くなっちゃう。


居眠りしないで1日を過ごすのはかなり難しい。


学生の本分は勉強なのに、ね(笑)



今日も朝からバタバタして学校に着くと、仲良しの中村麻実(なかむら まみ)が出迎えてくれた。



「おはよーっ!亜里沙!

あっ、今日もいい匂いする〜♪」



麻実とは一年の頃から仲良しで、二年生になった今もまた同じクラス。


毎日ほぼ一緒にいる。


茶髪のショートヘアが似合う、明るくて元気な子。


ちょっとボーッとしてる私をいつも助けてくれるの。



「おはよう!麻実。

そう?匂いするかなぁ?」


「するする!亜里沙はいつもパンの匂い!

ってか、口になんか付いてるよ!」


「えっ!?」



< 2/ 388 >