ケータイ小説 野いちご

大好きなきみと、初恋をもう一度。

「おーい!」

後ろから声がして、自分達を呼んでいるのかわからないけど、なんとなく沙耶とわたしは振り向いた。

すると、すぐそばに薄汚れた白いTシャツと、やたらダメージの入りすぎたジーンズを履いて顔に赤い汚れをつけた敦瑠くんがいた。

沙耶が眉根を寄せている。

「敦瑠? なにその格好?」

「なにって、オバケだろオバケ!」

「……小汚ないオッサンじゃないの?」

「違ぇし! 俺のクラスオバケ屋敷やってんの!」

敦瑠くんは『一年二組 めちゃコワおばけ屋敷はコチラ』という看板を掲げてわたしたちに見せてきた。

「全然迫力ないんですけどー」

「うるせ! 中のやつらはすげぇんだよ! 案内してやるから二人とも入ってみろよ!」

そう沙耶に言った敦瑠くんは隣にいるわたしに目を向けて、「あっ……」と気まずそうな顔をした。

それはたぶん、敦瑠くんのクラスの出し物に行くということは、絢斗くんもいるからで。

敦瑠くんはまずい、と思っているのだろう。

< 85/ 149 >