ケータイ小説 野いちご

妖の王子さま




蒼子は、勢いよく白玖に抱きついた。




手を首に回し、強く強く抱きしめる。





「白玖っ、それはね、、涙っていうんだよ」





蒼子が泣く姿は見たことがあった。
涙、という概念も知っている。


でも、自分の瞳から溢れることなんて知らなかったのだ。




「白玖、心配、してくれたんだね。ごめんね、ありがとう。大丈夫だよ。私、生きてるよ」




何度も、何度も、宥めるように慰めるようにそう言った。
傷だらけの白玖の身体。
同じように傷だらけの蒼子の身体。



約束は、果たされなかった。




それでも、それ以上に大きなものを得たのだと。
白玖の姿を見た蒼子も、多々良も、そして牛鬼も感じていた。








< 246/ 381 >