ケータイ小説 野いちご

Airis





「………知らない」



小さな声が響く。



「優苗」



ちょっと強めに言うと、
優苗の目から涙が出てきた。



「ちょっと……また泣くのー?」



こうやって診察中に泣き出すことはしょっちゅうある。

そりゃあ泣かせたいわけじゃないけど、
黙っているのも無理だし。



「吸入するよ」



今のうちにしとけば酷くならずに済むことくらい、医者である優苗も分かってる。


それなのにこんなに拒むのは……何故だ?





< 33/ 196 >