ケータイ小説 野いちご

嫌いだけど…



「そういえば、すずちゃんの主治医って暁か?」




「ああ」




「良かったな、すずちゃんの主治医になれて」




「ん…」



和樹は俺がすずちゃんを好きなことを知っているから

ニヤニヤしながらいじってくる。



「照れんなよ」 


多分、今、俺にやけてる…


「うるせー」

「さっさと回診に行けよ」




「はいはい」

「じゃっ、またあとでな~」





「ああ」


ようやく静かになったよ…

俺は溜まってたカルテの整理をはじめた



< 11/ 151 >