ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

 



「……もういい、そのまま教室まで歩けよ」


「え……ええっ!?」


「あ、やばーい!もう一限始まる1分前だ。美月ちゃん、それ履いたまま、頑張ってダッシュしてね?」


「え、ええええっ!?」



言いながら、本当に走り出した刈谷くんと日下部くん。


あっという間に角を曲がって見えなくなった二つの背中は、たった今感じた優しさの欠片も感じられない。


おいおい、嘘でしょ、嘘だよね!?


けれどそんな私の焦りを知る由もなく、無情にも鳴り響いた授業の始まりを告げるチャイムの音。


それに慌ててブカブカの上履きを履いたまま、カッポカッポと走り出した私は、結局授業に間に合わなくて……


まさかのミッキーマウス状態のまま、先生に朝からネチネチと怒られる羽目となった。



 

< 96/ 465 >