ケータイ小説 野いちご



入学式を終えて教室のある校舎に入ったとたん、

『キャー』

黄色い歓声が校舎いっぱいに響いた。

気がつくと目の前に人だかりができていた。


『あれが、噂の黒木 潤じゃない!?』

『黒木 潤って誰?』

『知らないの?サッカー部のエースでプロが注目してるほど上手いの!
それに、見たことないくらい美少年なんだって。』

近くにいた子達の会話が聞こえてきた。

私には関係ないどうでもいい話。

ていうか邪魔なんだけど。

人と人の間を通り抜けてやっと人だかりを抜けられた。

そっと後ろを振り返ったときちらっと見えた。

噂の美少年を。

言うほどでもなかった。




< 3/ 8 >