ケータイ小説 野いちご

ヤンキーなんて、大嫌い。





……そういうことじゃないのに。



放課後、友達と遊びに行ったりしたいし、オシャレもしたい。


そんな風に自由に使えるお金があたしは欲しいの。




「もういいよ」


あたしには、行動の自由に加え、お金の自由もないみたい。


こんなお兄ちゃんのせいで、もう、息が詰まるよ。



何を言っても無駄なだけだから、お喋りをやめてトーストやサラダをただひたすらに口へ運ぶ。



「ごちそうさまぁ……」


これからの高校生活を思うと、やっぱり大きなため息しか出なかった。




< 17/ 498 >