ケータイ小説 野いちご

妖の王子さま




「白玖さまぁ!!」




廊下が慌ただしくなり、襖をあけ志々良が入ってきた。




「志々良、どうしました」

「天狗が、向かってきています!」

「なに!?」




また争いが始まる。
その事実に、胸を痛める。




「白玖、起きて・・・」




胸を痛めながら膝の上で眠る白玖を起こす。
できる事ならもっと眠らせてあげたい。
全てを忘れ、眠っているというのに、現実に引き戻すのは気が引けた。





「・・・ん?」

「天狗が、来たって」




蒼子の言葉に、少し間を置き小さく息を吐き出すと起き上る白玖。
白玖は刀をとり開かれた襖の方に向かう。



「準備する。志々良、手伝って」

「はい」



志々良は、白玖を追いかけて出て行った。





< 97/ 381 >