ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「おかえり〜、志帆」



杏がニコッと笑ってあたしを見る。



「志帆ったら、どこ行ってたの?遅かったわね」



お母さんが呆れたように言って、キッチンから顔を出す。


夕飯を作っている途中だったらしく、杏と一緒にキッチンに立っていた。



「ちょっとね。それより!!杏〜……っ!」



キッチンに立つ杏の背中にギュッと抱きついた。


杏を見たら一気に涙腺が緩んで、涙がポロポロこぼれ落ちた。



さっきの光景が頭から離れない。


早苗さんの高らかな笑い声が耳の奥にこだまする。


もう、やだ。



「う〜っ……くっ」



「もー、志帆ったらどうしたの〜?あたしに会えてそんなに嬉しい?」



「うん……っうん……っ杏〜……っ」



泣いてる理由をお母さんに知られたくなくて、そういうことにしておいた。



< 218/ 250 >