ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「はぁ?なんで?」



さっきまで穏やかだった真田君の顔が、急に変わった。


声も低くなって、明らかに怒りをあらわにし始める。



「え?なんでって言われても……他に好きな人がいるし」



「誰だよ。そいつと付き合ってんの?」



鋭い目付きで睨まれて、ますますわけがわからない。


っていうか、なんでそんなことまで聞かれなきゃなんないの?



「真田君には関係ないじゃん」



振ったのはそっちでしょ?


今さら都合が良すぎない?



「なんでそんな冷たいこと言うわけ?」



いやいや、冷たいもなにも最初にひどいことを言ったのはそっちじゃん。


それなのに自分のことは棚に上げて。


なんだかイライラして来た。



「とにかく……真田君とはムリだから。あたし、帰るね」



財布から千円札を出すと、テーブルに叩きつけて立ち上がる。



「バイバイ」



呆然とする真田君にそう言い残し、駆け足でお店を出た。



< 216/ 250 >