ケータイ小説 野いちご

青空の下月夜に舞う

一年前から少しもましにならない。

去年、引っ越してよく一緒に居る雄大は、いつも近所の輪に入れず。

泣き虫のまま、私の後を付いてまわる。


「ぼく、らんどせるいらない。もっかいひまわりぐみいく」

「ええ?!そんなことできるの?じゃあまいがいちねんせいする!」

「ばかだなぁ。まいちゃんは。なれるわけないじゃん」


むぅ。雄大から言ったくせに。

手のひらで涙を拭った雄大。
白い顔に、真っ赤な目。


「ほら、ゆーだいまたうさぎさんになってる」

「いやだ。ぼくはライオンがすきなんだ」


弱い雄大はライオンにはなれないよ。と思いながら、六時の鐘が町に響き渡る。

< 159/ 319 >