ケータイ小説 野いちご

青空の下月夜に舞う

響といい、慶太郎といい、何でこんなに雰囲気だけで人を威嚇出来るのだろう。

嘘は嫌いだと言った慶太郎。


その時思い出した、セナの言葉。


“血見て笑ってだんだよ?”


隣に座った事を激しく後悔したって、後の祭り。
ライオンに捕らえられた私は、虫けら以下だ。


「原嶋雄大との関係を。理由を話す前に聞いちゃダメかな」


物腰柔らかい言い方だけど、表情が。
雰囲気が、答えをNOにはさせてくれない。

でも。
どうしよう。


数秒間の沈黙。

そして私は――――口を開いた。




「……雄大と出会ったのは。三歳の頃」




綺麗な。女の子みたいな男の子だと思った。


< 157/ 319 >