ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



その日の午後。


家に引きこもってばかりなのもどうかと思って、久しぶりに外に出た。


梅雨に入ったのか、入ろうとしてるのかジメジメしててうっとおしい。


どこに行くわけでもなく、歩いているとモミジ公園にたどり着いた。



デートの時、晴斗と待ち合わせた公園。


そんなに時間は経ってないはずなのに、なんだか懐かしい。


あの時、晴斗はうさニャンハウスに連れてってくれたんだよね。



プレゼントまでくれて……。


それぐらいしか頑張れないからって。


そう……言ってくれたんだ。


晴斗……。



「新島?」



噴水の近くのベンチに座っていると、突然目の前に影が落ちた。


低い声にはどこか聞き覚えがあって、何となく身体が強張る。



「さ、真田、君……」



「うわ、なんか久しぶりだな」



「えっ……あ、うん」



っていうか、なんでいんの?



< 205/ 250 >