ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「好きなんでしょ?なんでそんなこと言ったの?あたしには志帆が理解出来ないな」



「だ、だって……」



自信を持って飛び込めなかったんだもん。


怖いんだもん。


勇気がないんだもん。



「久間君がかわいそう」



「里緒は久間君の味方なの?」



「味方っていうか、なんか報われなくてかわいそうだなって。ついつい応援してあげたくなっちゃう」



そう言って、里緒はお弁当箱の中からデザートのりんごをフォークに刺した。



応援、か。


前もそんなことを言ってたよね。



「久間君モテるし、志帆に振られたから他に目を向けちゃうかもね」



「えっ?」



「他の子と付き合うことになっても、志帆は文句言えない立場なんだからね」



「…………」



それはやだ。


久間君と他の子が付き合うなんて。



< 174/ 250 >