ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



信用していないわけじゃない。


ただ、あたしの心の問題なんだ。


克服出来たら、その時はあたしからちゃんと久間君に言うから。


『彼女にして下さい』って。



「……わかったよ」



納得行かなそうだったけど、久間君は最終的にはあたしの意見を聞き入れてくれた。




< 172/ 250 >