ケータイ小説 野いちご

好きになっちゃダメですか?




「あ、乃愛!ここ空いてるよ!」



紗彩に手招きされて、


とりあえず、あたしも席に座る。



「しっかし、なんつー女子の数…」



「そりゃ、イケメン2人が戦ってるんだもん。無理はないわ」



「まぁ、確かにそうだけど…」



なんで、瀬川と藤原先輩が


一緒にバスケしてるんだろう?



あの2人に接点なんてあったっけ?




ふと、疑問が思い浮かんだ。

< 52/ 248 >