ケータイ小説 野いちご

SEY LOVE ME ~好きなんだ~




「真優ー。日焼けすごいね。( ˙-˙ )」


「そー。ヒリヒリするんよねー(*T^T)」



なんて下らない話をしていたら、あっという間に始業式は終わってしまった。





「中原、帰ろう?」

「、うん!」


齊藤くんとも順調である。





< 90/ 103 >