ケータイ小説 野いちご

白雪姫




「美麗、大丈夫だよ。」


そう言いながら美麗をぎゅ…と

抱きしめる陸。



「大丈夫。大丈夫。」


何度も繰り返す陸。




しばらくしてからそっと美麗を離し、

頭をなでた。



「ありがとう…陸」


そう微笑む美麗に

陸は頬を紅く染めた。




「陸……?」


陸は美麗の後ろを睨んでいた。



「ん?…大丈夫だよ」


そう微笑んだ。



< 25/ 33 >