ケータイ小説 野いちご

浮気彼氏から奪うオトコ。






震えている妃鞠に気がついて、もう1度やり直そうと決意した。

恋愛感情が分からない俺に、いっつも傍にいたのは妃鞠だけだった。



「…やり直せないよ」






俺の声を遮って言った妃鞠の声は、凜としていて―…。

すっげぇ綺麗にも見えたんだ。


何もかも吹っ切ったようで―……。

まさか演技だったなんて、俺は気づくはずがない。



結局、皆俺の事は最初からどうでもよかったんだ…。

そう思うと、妃鞠がいなくなった後、俺はしばらく動けなかった。




目の前に見えるのは、妃鞠との思い出だけで。

それは綺麗な思い出のように見えて、とても儚いようにも思えた。




「ごめん、妃鞠……。辛い思い出ばっかにして…」




最低な俺を受け入れるヤツなんて、この世にはいない。

だったら俺は…、俺は―……。




< 97/ 313 >