ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。



でもやっぱり、なっちゃんが心配してくれているのは伝わってくる。





この高校には、私の中学校から来た人はほとんどいない。




もちろん、このクラスに同じ中学の人はいないわけで。




だからこそ、1ヶ月遅れの入学は友達ができるか不安だったけど、なっちゃんが声を掛けてくれて、そんな不安はあっという間に払拭されたんだ。




昨日出会ったばかりなのに、もうお友達。




なっちゃんのおかげで、憂鬱に感じていた高校生活が、一気に明るくなった気がする。




だからね、感謝してもしきれないくらい、なっちゃんには感謝してるの。




「なっちゃん大好き!!」




「わっ!」




私は携帯を握りしめ、なっちゃんに勢い良く抱きついた。






< 17/ 417 >