ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Doll girl

 


私は生まれてすぐに離婚した父に引き取られて監禁されて育った。

 

 あの人の言うことを聞くのが当然だった。

 私はあの人の人形だった。

 

普通なら私は現在高1らしい…。




 私は何も教わらず、父の日々の鬱憤晴らしにされていた。

…虐待だ。

 




そのことにも慣れたある日一人の男が部屋には行ってきた。

 

ビクビクと怯える私に男は笑った。

「悪いもんじゃねぇからな!!お前はすぐ逃げろ!」

『えっ?』





「俺はお前の父ちゃんの友達だ!」

 その人は、酒によったあの人から私の情報を聞き、助けに来たらしい。

 



「あんた名前は?」

『…沙彩』

顔も知らない母が付けた名前だった。

 


< 3/ 110 >