ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「はぁ」


トイレの個室に入った瞬間、出たのは大きなため息。


心臓はバクバクしてるし、なぜか胸が苦しかった。



なんなの……これは。


これじゃあまるで、久間君のことが好きみたいじゃん。


ううん、もう考えないようにしよう。


昨日奏太から久間君のことを聞いちゃったから、変に意識してるだけだよ。



大きく息を吸い込み、ゆっくり吐き出す。


意を決してトイレから出ると、教室に戻って何事もなかったかのように席に着いた。



< 153/ 250 >