ケータイ小説 野いちご




「なぁ、こいつがサッカー部に戻ってくるようツヤコからも言ってやってくれ」



そう言ってカンは瀬戸の首に腕を回し、抱き寄せる。


2人の身長差がありすぎて、瀬戸は狩りで捕らえられた獲物みたいになってる。



「やめろって。おれはもうサッカー部には戻らねーよ」



カンの腕を振り払い、距離を取る。


なかなか振り払えなかったせいで、瀬戸のちょっとくせ毛っぽいくるんとカールしてる毛先が踊った。



「なんでだよ。お前ならレギュラー取れるって」

「しつけーな。ちょっとやってみようって思っただけだったからいーんだよ」



すると今度は別サイドに捕まえられた。



「まぁ、あれだもんなー。瀬戸がサッカー部に入った理由って、女子にモテるって聞いて始めたんだったよなー?」

「あっ!? ばっ、ちがっ!」

「なにも隠す事ねーじゃん。なぁ、カン?」

「ああ、いいと思うぜー? 邪で単純で可愛い理由じゃねーか、アキちゃん♪」

「う、うるせー!」



身長が低いせいで多方面から男子にもみくちゃにされてる。




< 25/ 287 >