ケータイ小説 野いちご

涙が枯れる日 Ⅰ【完】









「雷輝全員集まったぞー」




「分かった。桜花ついて来い」





俺たちは桜花を連れて二階のバルコニーに行った







「今日お前達に集まってもらったのは天龍の姫を紹介するためだ」





((て、天龍に姫……………))




「桜花」




俺が名前を呼んだら桜花は前に出てきた




由紀)「大丈夫だよ、ゆっくり自己紹介してね」


「ありがとう由紀君」











「え、えっと西高に通ってる明道桜花です。皆と早く馴染めたらと思っています」




((え…………お、桜花………?))



「お前ら桜花で賛成か?」




下っ端)「全然いいっすよ!逆にうれしいっす!」



下っ端)「「全力で桜花さんをお守りさせて頂きます!」」











< 30/ 366 >