ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。



「あん、ど、く……っ」




バッと出来る限りの力で安堂くんを突き放した。




息を乱しながら、涙でぼやける視界を安堂くんに向け、はっとした。




───どうして……?




どうして、そんな顔をしてるの……?




それは、悲しさにも苦しさにも辛さにも取れる、深い深い悲痛さに染まった表情で。




安堂くんの心の中が、全然分からないよっ……。




「もうやだっ……」




私はそう声を張り上げて、安堂くんの顔を見ないまま、走り出した。




「……ふっ……うぅっ……」




涙は次から次へと溢れて、止まることを知らない。




唇がまだ、熱を持ってる。




安堂くん……。




ただただ、悲しくて胸が張り裂けそうで、私は走り続けた。






だから、




「ごめんな……」




そう呟く君の声なんて聞こえなかった。






それに……



君の秘密なんて



知る由もなかったんだ───。







< 209/ 417 >