ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。



「……んっ……」




唇に突然触れた熱に、私は思わず目を見開く。




え……っ?




キス……?




どうして……?




なんで、キスするの……っ?




安堂くんの行動の訳が分からなくて、頭が真っ白になる。




だけど、そんな私なんかお構いなしに、安堂くんは何度も唇を重ねてくる。




や、やだ……っ。




我慢していた涙が、頬を伝った。




苦しい……っ。




< 208/ 417 >