ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。



安堂くんの表情を見れなくて、ぎゅっと目を瞑ったまま俯いていると、ずっと黙っていた安堂くんの声が降ってきた。




「……は?」




それは、絶望に染まったような悲しい声で。




安堂くんが、私の手を掴む力をぐっと強めた。




「どいつだよ、好きな奴って」




「……っ」




安堂くんだよ。


そう言えたら、どんなに幸せかな。




でも、私は君に嘘をつくって決めたから。




「安堂くんには、関係ない……っ!」




好きって想いが今にも溢れ出てしまいそうで。




それを全部抑え、今出る精一杯の声で拒絶の言葉を放った。




その時───。




ぐいっと手を引かれ、頭の後ろに手が回されたかと思うと、強引に唇が重ねられていた。




< 207/ 417 >