ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。







───私はひとり、薄暗くなってきた街の中を歩いていた。





向こうに見える横断歩道が青になり、私は歩き出した。




ちょうど横断歩道の真ん中辺りに差し掛かった頃。




───キキーッッッ




突然静寂を切り裂き、すぐ横から車の急ブレーキ音が聞こえた。




……えっ?




その音がした方を振り向いた時にはもう


車が目の前にあった。




……っ!




轢かれる……っ!




そう思うのに、足が地面に張り付いたように動けなくて。




スローモーションのように車が近づき、私の身体は眩しすぎる光に包まれた。




誰か……っ




誰か助けて……!






< 186/ 417 >