ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



ソファーに奏太と並んで座り、ドラマを観る。


性格はまったく違うけど、観るドラマや好きな歌手は被ってるから、いつもどっちかが録画予約をしておくんだ。


忘れた!と思っても奏太がしてくれてることもあるから、そういう面では助かることもある。



「さっきから時計ばっか気にしてんじゃん。やっぱり、用事があるんじゃないの?」



隣から奏太がチラ見して来る。



「……ないよ」



あるわけないじゃん。


行くなんて、ひとことも言ってないんだからね。



今は10時半で、約束の時間まであと30分。


ここからモミジ公園までは徒歩10分。



< 105/ 250 >