ケータイ小説 野いちご

幼なじみの溺愛が危険すぎる。

もうっ!

保育園の頃から全然かわんないんだから!



玲音を残して
急ぎ足でバス停へ向かった。

< 3/ 427 >