ケータイ小説 野いちご

幼なじみの溺愛が危険すぎる。

呼び出し音がしばらくなって聞こえてきたのは、

機械的なアナウンスの声だった。



≪この電話番号はお客様のご都合によりお繋ぎすることができません……≫





このアナウンスって………



私、もしかして、

着信拒否……されてる……?



なんで?!


こんな時に!!


そもそも、なんで玲音がこんなに怒ってんの?!


怒っていいのは、私のはずなのに!!




あーっ!!もうっ!!




< 158/ 427 >