ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



新しい生活が始まって数日が経ったというのに、未だにあたしには友達がいない。



それもこれも全部、悪魔(=あ久間)のせい。



「なに照れてんだよ。放課後、行きたい所に連れてってやるっつってんのに」



「照れてないし、行かないからっ!それに、久間君と行くくらいなら1人で行くし」



「はぁ?んなの認めねーし」



「別に認めてもらわなくて結構だからっ」



プイとそっぽを向いて机に突っ伏す。


もう、話しているのも疲れた。


というよりも、久間君と話しててもラチが明かない。



< 63/ 250 >