ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。







お見舞いに行った次の日。


学校に着くと、私のクラスの下駄箱の前で、安堂くんが壁に寄りかかって、私のことを待ってくれていた。




私と目が合うなり、パッと笑顔を浮かべる安堂くん。




その姿は元気そうで、心の底からホッとする。




『お見舞い来てくれてありがとう。

なのに、途中で寝るとかまじでごめん!』




『ううん!

元気になったみたいで良かったよ!』




熱にうなされていたみたいで、涙を流した時のことは覚えてないみたい。




それが良かったのか、悪かったのかは分からないけど……。




だってまだ、あの時流した安堂くんの涙を忘れられないから。




あの涙は、どうして流したの───?




< 91/ 417 >