ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。



「はぁ〜、本当分かってないわぁ、陽向は!」




「え?」




分かってないって、何を……?




「それね、安堂くん、陽向のこと狙ってるよ、絶対!」




「ね、ね、狙ってる?」




私に限って、そんなはずないよ……。




だって、今朝見たんだ。




登校する安堂くんの周りを取り囲んでいる大勢の女子達を。




みんな美人で、可愛くて。




私なんか、その輪に近づくことさえできないくらい、別次元みたいにみんなキラキラしてた。




私は、安堂くんに友達になってもらえただけでも、感謝しなきゃいけないのに。




「ま、これからが楽しみ!」




そう言って、ニヤニヤと意味深に笑うなっちゃん。




楽しみって、何が?




ハテナマークに頭上を覆われ、私は首を傾げた。




< 46/ 417 >