ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。







次の日の昼休み。


いつものように、なっちゃんと机を合わせてお弁当を食べていると。




「そういえば、昨日の安堂くんとのデートどうだった?」




突然のなっちゃんの言葉に、私は食べていた卵焼きを吹き出そうになってしまった。




危ない、危ない…!




〝デート〟って単語は、何度聞いても慣れないみたい……。




「何さ、顔赤くしちゃってぇ!

もしかして、襲われたの!?」




「ち、違うよ!!」




お箸を握りしめ、慌てて顔をぶんぶん横に振って、否定する。




「だけど……からかわれちゃった」




「へ? からかわれた?」




「うん。

これ以上煽ったら、襲うよって……。

さすがプレイボーイって感じだよね」




そう言ってヘラヘラ笑っていると、なっちゃんがすごい勢いで溜め息をつき、肩をすくめた。




あれ?


なんで溜め息つかれちゃったんだろう?




< 45/ 417 >