ケータイ小説 野いちご

キミじゃなきゃダメなんだ




「ねぇ。これでいいの?マル」



先輩を避けはじめて一週間ほど経った昼休み、里菜がそう言った。


最近里菜は、松原先輩のところへ行くのが日課になっている。

今日はその日課へ行く前に、私へ声をかけたみたいだった。



「....だって、無理だもん。先輩のこと傷つけずに、友達続けられないし....」



先輩が私のこと好きだって、私が気づいてないのなら、まだよかったけど。

もう、知ってるから。

....苦しいほど、知ってるから。



お弁当を食べなから、辛気くさい空気を出す。

すると、それにいい加減耐えられなくなったのか、チョコちゃんがジュースの入ったペットボトルをダン!と勢いよく机に置いた。



「マル。あんたウザい」



ヒィ。

チョコちゃん、ここにきて毒舌。

いくらなんでも酷すぎやしないかい。



< 71/ 549 >