ケータイ小説 野いちご

小鳥遊さんの愛し方









千尋くんも…私のために頭を悩ませてくれたり…って、そんなわけないよね!

私、自惚れすぎだよね……。




でも……私のこと少しでも考えてくれてたら嬉しいなぁ…




【千尋side】




ガッシャーン




ここの家が防音設備整ってて良かった。




俺は今家の、普段は長居しないキッチンで、
食材とかを入れるボールを落とした。




「…やっぱ無理」




そう言って3歩テレビの方へ進むも…




「……」




キッチンに引き返す。




なんでこんなことになってるのかといえば、
すずの誕生日プレゼントに悩んでたら秋斗が

「千尋今まで料理したことなくね?
だったらお菓子とか作ったらー?」




この一言から始まった。










< 116/ 157 >