ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「志帆(しほ)、遅いよ〜!」



先にカラオケに入っていた親友の杏(あん)が、遅れて来たあたしに可愛らしく頬を膨らませる。



「ごめんごめん!」



あたしはそんな杏の隣に座りながら素直に謝った。


そして、カバンをソファーの端に置いて背もたれに体を預ける。



「真田(さなだ)君、なんだったの?」



向かい側にいるもう1人の親友の真美(まみ)が、ウーロン茶に手を伸ばしながら興味津々の目を向けてくる。



「…………」



あたしは真美の質問に答えることが出来ずに口を結んだ。


もう思い出したくもないさっきの出来事が脳裏に浮かんで、胸が苦しい。



真田 一(さなだ かず)。


それは、たった今別れたあたしの元彼のこと。



「どうしたの?何か言われた?」



黙り込んでいると、杏にも顔を覗き込まれてますます答え辛くなってしまった。



< 11/ 250 >