ケータイ小説 野いちご

優しい彼は残酷な人。




私達の関係を一言で言うならきっとセフレだろう。


彼には彼女がいるから。


それを知っていても彼との関係を続けている私。


彼...朔と出逢ったのは、雪が降るんじゃかってくらい寒い日だった。


バイト帰りに誰か友達を誘って、ご飯でも行こうかと考えていると、しつこくナンパしてくる男がいた。


無視してもしつこい男に
我慢の限界をむかえそうになった時、


「ごめん、お待たせ。」


そう言って私の肩に腕をまわすひとりの男、
それが朔だった。


それを見たナンパ男は舌打ちを残して立ち去っていった。




< 3/ 38 >