ケータイ小説 野いちご

ねぇ、どうして君は【Final】




「桜、料理上手いな。凄く美味しいよ。ありがと」



食後に作ったケーキを食べてる時、マナ君が笑ってそう言ってくれた。





「えへへ」なんて照れ笑いをしてしまう私。


マナ君といるだけで、どうしてこんなに幸せになれるんだろう。



いつも笑顔になれる。






「あ、そーだ!」


「ん?」


「はいこれ。マナ君、お誕生日おめでと!」



この前買ったプレゼントをマナ君に渡した。




シルバーの、ちょっとシンプルめの時計。


それがマナ君への誕生日プレゼント。





「開けていい?」


「うん」



プレゼントを見たら、マナ君は本当に喜んでくれた。



大事にするよって、そう言ってくれた。




「桜、ありがとう。大好き」



もうそう笑ってくれるだけで幸せです。





< 51/ 132 >