ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。




「あ……」



目が、合った。


その途端に清瀬くんの大きな目が細くなって、いつもと変わらない明るい笑顔になる。



『ふ、じ、た』



口パクで私の名前を呼んだ彼。


ドキッとした胸の動きを誤魔化すように「前、前」とゆびをさした。


前に向き直った清瀬くんに、そっと胸をなでおろす。


もう……なんなのよ……。


ザワザワしてる体育館。


合同だなんて、去年の球技大会以来だから、みんな浮き足立ってるんだ。


めったにないもんね。


他のクラスと体育だなんて。



「それでは、競技ごとに集まって練習をはじめてください」




< 101/ 213 >