ケータイ小説 野いちご

君との通学路

「学校行きたくなーーーーい!!!」

朝から駄々をこね
お母さんに怒られた
ふてくされたまま登校する

教室は賑やかだ

"みんな友達できてる…
本当に友達できなかったらどうしよう"

焦っていると
前の席の子が
私の大好きなキャラの筆箱を持っていた

叫ばずにはいられなかった

「その筆箱可愛い!!」

前の席の子はすこし戸惑いながらも
笑いながら
「可愛いよね!好きなの?」
って答えてくれた

「あ、いきなりごめんね
私、新崎 杏奈っていうの」

「私は 原西 優三。
ゆみ って呼んでね」

友達ができた
とっても嬉しかった

なんだか楽しくなりそう


< 2/ 5 >