ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。



知らないよね。

私がそんなこと考えてるだなんて。


清瀬くんの、笑顔に、私は助けられた。
そして惹かれた。



「あー、マジでよかったぁ。嫌われてなくて……」


「そんなに心配だったの?」


「心配するよ」



そう言いながら清瀬くんがポケットに手を突っ込んで「あれ?」と、首をかしげた。



「あれ、スマホがねぇ。あー、教室かぁ……」


「あーあ。バカだねぇー」


「うっせぇ!じゃあな、気ぃつけて帰れよっ!」


「うんっ、ありがと。じゃあねっ!」



慌てたように清瀬くんが階段を二段飛ばしで登って行く。


その後ろ姿が可笑しくてクスクス笑ってしまう。




< 98/ 213 >